Just another WordPress site

Archive for the ‘未分類’ Category

外壁塗装で必須の養生

外壁塗装において、下地処理が終わったあとにすることの1つが、塗装する前の養生です。この養生はとても大切で、これをしないと、塗料が周辺に飛散してしまいます。足場を組んでいるのであれば、吹き付けの際には、メッシュのシートをすることが必須となるでしょう。またビニールシート、そして養生テープと言われるグリーンカラーのマスキングテープを使って、塗ってはいけない部分をビニールで養生していきます。ビニールシートと養生テープが一体となっている便利なものもあり、そうしたものを使ってスピーディに養生できます。   養生する場所は、窓ガラスやそのアルミサッシの部分、エアコンの室外機、給湯器、また近くに自動車が駐車されている場合には、自動車にもカバーをかけるようにします。塗装しない箇所すべてに養生する必要があり、この作業には時間がかかります。同時に窓を開けられなくなることや、洗濯物を外に干すことができないなど、家の人に迷惑をかけることなどを説明する必要が生じてきます。   外壁塗装を満足する仕上がりにするために、養生は絶対に必要であり、塗装することで、塗料がどんな状態になるかをイメージすることが大切です。養生は入念に、そして養生が終わった後も、全体をしっかり見て、忘れている部分がないかどうか確認できるでしょう。  

保険を使って屋根工事が出来る場合があります

自然災害によってお住まいに被害が出た場合、火災保険が適用できることがあります。 台風で浸水してしまった、強風で屋根の棟板金が飛んでしまった、雹でカーポートの屋根に穴が開いた、 雪の重みで雨樋が破損した、などのケースが挙げられます。 補償内容は契約している保険によって違いますので、詳しくは約款などで確認してみてください。 自動車保険などとは違い、補償を受けても保険料が値上がりすることはありませんので安心ですね。 自然災害でお住まいにトラブルが発生したら、火災保険の加入内容を確認してみるとよいかもしれません。

色見本を使って外壁塗装するときの注意

外壁塗装で色を決める際に使う色見本や塗り板はとても便利ですよね。 外壁塗装で使う色見本は3種類あります。 日本塗料工業会が販売していてすべての色のサンプルを確認できる色見本や塗料メーカーのカタログにある色見本、こちらは実際の塗料を塗ったときに出る発色に近くなるように作ってあるため、カタログに有効期限があります。また、実際に使う予定の塗料を指定した色で、A4サイズに試し塗りしてもらう塗り板の色見本。カタログよりも大きい面積に塗っているのでより本物に近くなります。 そこで色見本を参考にする場合、色見本のサンプルが小さいため実際に大きな面積に塗るときに色見本よりも色が明るくなりやすくなるため、なので、明るい色の場合は少し暗めの色を選び、暗い色は少し明るめの色を選ぶことをお勧めします。また、室内と屋外で見るのでは、色の見え方が違うので、塗り板などを外で見て確認してみるのが良いでしょう。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !