Just another WordPress site

アスベストの撤去法

 肺がんなどを引き起こすアスベスト(石綿)の撤去は大変な仕事である。関係する色々な法律があり、それに基づいて仕事は行われていく。アスベストの撤去はその危険度に応じて三つのレベルに分けられる。それをアスベストレベルという。このレベルによって、作業の準備、実施内容が異なる。地震の震度は数字が大きいほど規模が大きく、危険であるが、アスベストレベルの数字は逆である。

 「アスベストレベル1」は最も危険度が高い。アスベストをセメントと混ぜて吹き付けたものを撤去するのであるが、アスベストの含有量が高く、飛び散る可能性も高い。シートなどを使って完全に密閉された空間にし、全身を覆う特別な防護服を着て作業を行う。

 「アスベストレベル2」は「アスベストレベル1」よりは楽というものの、含有量、危険度は高く、やはり全身を覆う防護服を着て作業を行う。

 「アスベストレベル3」は最も飛散の可能性が低いもので、全身を覆う防護服は必要ない。

 実際の処理はいくつかある工法の中から適切なものが選ばれ、実行に移される。その後、解体される。最後は、回収したアスベストはもちろん、使用したシートに至るまでアスベスト廃棄物とされ、十分に密閉してから埋め立てなどで処理される。