Just another WordPress site

我が家の外壁は杉の羽目板に防腐剤を塗ってDIYメンテナンス

私のマイホームは、東京都伊豆七島にあります。島の生活環境は、海風による塩害が激しく、紫外線は強い、雨はスコール級、台風だって年に何度も通過します。ですから、家や車の傷むスピードが、本土の何倍も速いのです。私がマイホームを新築するにあたり、最も優先したことは「自分でメンテナンスし易い家」でした。島では家も車もまめにメンテナンスしないと、寿命が極端に短くなってしまうからです。ちなみに車は6年もてば良い方です。

自ら設計した家のポイントは

・ 紫外線、潮風で痛む外壁は、現在主流となっているサイディングは使わず、経済的で手入れのし易い「杉の羽目板」とする
・ 外壁の羽目板に防腐剤を塗る際、足場を組まずハシゴで作業できるよう「平屋建て」とする
・ 外壁に使用する防腐剤のカラーは、汚れが目立たず、色褪せの少ない「こげ茶色」とする

以上3点でした。

外壁のメンテナンス周期は、傷み具合を確認しながらですが、ほぼ2年おきに防腐剤を刷毛で塗っています。日差しの強い東と西側の壁の痛みが特に早く、板の反り具合や色の褪せ具合を見て判断しています。サッシ枠から窓全体をビニールシートで養生したのち、防腐剤を羽目板に吸わせるように刷毛で何度も塗っていきます。防腐剤はいくつか試しましたがドイツ製の「キシラデコール」が一番使い易く長持ちするので気に入っています。

連休を利用したDIYですから、材料費だけで済みます。建坪35の平屋建てなら3万円でお釣りがきます。これを業者さんに頼むと、足場から組まれれば何十万と掛かりますから、要注意です。今はYouTubeなどでDIYの動画が色々アップされていますから、羽目板に限らず、サイディングのコーティングなど、ご自分でメンテナンスされてみてはいかがでしょうか。


Leave a reply

Required

Required, hidden

XHTML Tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Trackback this post  |  Subscribe to the comments